電話番号を晒した10年

もともと昔からインターネットカルチャーの中では「電話番号を晒す」という文化が、(特にサイト管理者側には)多少あったんですよね。
ルーツをたどるとどこになるのかはわからないんですけど、僕が一番影響されたのは西村博之さんが電話番号晒してたことです。
たしか「メールを送れない人も居るから最終手段として電話で連絡してほしい」という意味合いで公開していたと聞いた気がするのですが、もう10年も前のことなので全然、確かではないです。
で、その影響か、匿名掲示板の管理人は、わりと(実名を晒さないのに)電話番号だけ晒すみたいなことをしている人が多かった気がします。
それぞれの管理人がどういうポリシーで公開していたのか、今となっては確かめようがありませんが、僕は西村博之さんに影響されて「最終手段の連絡先で」というくらいの気持ちで公開していました。

そんなポリシーがあるのかないのかよくわからない状態で電話番号を公開し続けていたらいろいろありました。

・削除依頼が電話でかかってくる
僕のコミュニティはわりと削除依頼があれば積極的に削除するスタイルなのですが、電話で削除依頼が来るとなかなか大変です。
URLを口頭で伝えるわけにも行かないので、対象の書き込みがどこなのかという説明からしてもらわなければいけませんし、たいてい電話をかけてくるのは悪意のあるユーザーに悪口を書かれたので消してほしいという内容の話なので、なかなかお互いに落ち着いて話をするというのが難しいです。
今時はさすがにメールを送れない人もいないと思うので、連絡先として電話番号を書かない方が、スマートに連絡を取りやすい気がします。

・たまに脅迫も来る
僕はあまりコミュニケーションが上手じゃないので、削除依頼の電話の先で「お前の家に乗り込んでやろうか!」とか脅されることもありました。
今となっては懐かしい思い出です。

・警察からの電話が来る
なんか警察ってメールよりFAX、電話って感じなので、とにかくサイト上のトラブルなどは連絡が電話で来ることが多いです。
最初の頃は警察から電話が来るたびに驚いていたんですが、そのうち慣れました。
たいてい内容をメールで再送してもらいました。

・女の子から電話が来る
顔出しして電話番号晒して変なことをやってると、物好きな女の子から連絡が来ることがあります。
男から連絡が来る場合は必ず一緒に晒していたメッセンジャーとかSkypeのIDなんですけど、LINEが流行ってもいなかった当時は、女性にとってはやはり電話というシンプルな連絡手段が良かったんでしょうか。

と、まあそんな感じの小規模な連絡が電話で来ることが何回かありました。
が、別にそれで何かあったわけでもないし、最終的にメールで連絡取ることになるのであんまり電話番号を公開している意味がないなあ、と思って数年前にあまり公開しないようにしました。
(なのでこの記事のタイトルは誤りで、実際は7年くらいです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です