本を買うルール 2013

僕は漫画を買ったときには、最低最初に一回読んで。
で、仮につまらなかったとしても、本当につまらないのかを確認するために、もう一度読んで。
それでもつまらなかったとしてもサヨナラする前に一度だけ読むようにしていた。

けれども、それはものすごい暇で暇で暇で暇でしょうがない時だったからできた芸当で、
今はわりと時間がないので、
最初一回読んだらそのままほったらかしになってしまってる本が多すぎて、
結果、本棚が崩壊した。

本棚の崩壊を機に、もうちょっと本の管理ルールを改めようと思った。

購入のルール

1000円以下の本は、迷ったら、買う。
3000円以下の技術書は、迷ったら、買う。
定価の半額以上の古本は、新品で買う。
古本で全部100円とかだったら最後まで一括で買う。

保管のルール

基本は連載中の作品、買いそろえている途中の作品、非常に気に入っていて読み返しまくってる作品だけ本棚に置く。
1巻だけ買って続きを買おうか迷った本は、一度見なかったことにして段ボールに詰めておいて後でもう一度見る。
連載のペースが遅い作品については一時的に段ボールに待避させる場合もある。
完結した作品は、早めに段ボールに待避させる。

サヨナラのルール

家まで来てくれる古本屋に売る。
巻数が多いものは、それだけ場所を取るという以上に、相当数売れているので安価に再入手しやすいので、優先的にサヨナラする。
逆に小説や実用書などの場合は再入手しようにも高いし、そもそも本棚であまり場所を取らないのでとりあえず段ボールに待避させる。

という感じで

もう本棚は崩壊させないようにしようと思います…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です