サービス名を考える

なんか前回の記事と相反する内容になりそうなんですけど。
でもまあ命名セオリーというほどではなくても、ある程度名前をつけるときの指針みたいなのあるじゃないですか。
あんまり僕はそういうセオリー守らないで、散歩中に思いついたいくつかの名前からエイヤッと決めてしまうのですが。
その結果あまり納得のいくサービス名とかドメイン名を付けられていないのです…

まあ一般的な命名テクニックについてはネーミング関連本などに譲るとして、そういう定番テクニックの中から最近特に気になってるものを取り上げます。

短い(長くない)

後に書く理由などと絡むものなのですが、とにかくサービス名は短い方がいいと思います。
Stack Overflow (stackoverflow.com)とか、超絶お世話になっているサービスですが、やっぱりちょっと長い感じがしますね。
Mobage (mbga.jp)は、URLをタイプする文化があったフィーチャーフォン時代からのサービスというのもあって極限までドメインを短くしてます。
(サービス名については「モバゲータウン」から「Mobage」に変更、と短くしていますね)
もう今はURLを打つ機会も減って、短縮URLとかが普通に使われるようになっているので、そこまでの短さは求められることは少ないと思うので、「短い」というより「長くない」サービス名・ドメイン名といった感じでしょうか。

覚えやすい

類似サービスがいっぱいあったりすると特にそうなんですけど、どうしても覚えやすい思い出しやすい名前の方がググりやすいですし話題にしやすいです。
具体的には上に書いた「短い」とか、あとは「内容をイメージしやすい(キーワードが入っている)」とか「発音しやすい」とか「スペルがわかりやすい」とか「読み方が一種類しかない」とか「既存のワード(の組み合わせ)」だったりすると覚えやすいです。
特に「発音しやすい」と「読み方が一種類しかない」については、最近ものすごい重要なんじゃないかと思っています。
以前は「サービス名を口頭で言うことはあまりないから別にどうでもいいじゃん」と思っていたのですが、名前を見たときに頭の中で読み上げにくいのって、どうしても覚えづらいんですよね。
読み方についても「○○と読めるけど××とも読める」という名前だとぱっと見で覚えにくいです。

独自性がある

前回の記事とも関連するんですけど、思いっきり普通名詞に振った感じの名前にするのでなければ、やはり独自性のある造語のような名前の方が定番かと思います。
あまり造語っぽすぎる造語だと覚えにくいので、その辺との兼ね合いが難しいですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です