ヒマワリは太陽の方を向く

と思わせておいてヒマワリは太陽の方を向いていないらしい。
正確には、ヒマワリは成長が活発な時期には太陽の方を向いている方が多いのだけれども、それはどの植物にもいえることで、特別ヒマワリが太陽の方を向いていないそうだ。(詳しくはググってください)
しかし、この話を聞いた後でも、自分は「それでもヒマワリは、ほかの植物と比べても太陽の方を多く向いている」と信じたい気分になる。
あの太い茎の上に黄色の花をつけた、底抜けに明るい花。
それは誰がなんと言おうと、太陽に向かっているにふさわしい花ではないか。
子供ができたら「ヒマワリはほかの植物と同様に成長中には太陽の方を向くことが多い」とは教えず「ヒマワリはいつも太陽の方を向いているから日回りなのだ。ほかの植物とは違うのだ。」と教えたい。
「水に声をかけても味だの結晶はかわらねーよ!」と思う僕でも、ヒマワリについては譲れない。