自分の趣味趣向があの人に理解されるのか問題、というオチ無し話

基本的に僕は、人の許容範囲というのはデフォルト状態だと非常に狭いと思っています。
なかなか一般的ではない趣味や思想というのは、例え愛し合う間柄であっても、なかなか理解し合えるモノではないと思っているのです。
なので、できるだけ自分の理解されにくい部分を恋人(好きな人・近しい人・知人)にカミングアウトする場合には、順序を踏んで、なるべく理解されやすそうなところから順番にカミングアウトした方が相手の理解を得やすいと思っているのですよ。

例えば僕は「ゆるゆり」という女子中学生がいっぱいでてくる緩やかな百合表現のあるようなマンガ・アニメ作品が好きなのですが、知り合ったばかりの女性にそれを伝えると、おそらくドン引きされます。
アニメで、
中学性で、
百合ですからね。
なので、知り合った当初は「けっこうアニメとか見るんだよね」というところからスタートして「日常を描くようなのほほんとした作品が好きなんだよね」という流れで、最終的に「ゆるゆりっていう漫画を原作としたアニメ作品が女子中学生の何気ない日常を切り取っていて、癒やされるんだよね」という風に話を進めるようにしています。
それで話題にクッションを置けているつもりなのかと問われると微妙なのですが、まあ最初から「女子中学生がいっぱいでてくる百合っぽい感じのアニメ、具体的にはゆるゆりが好き」とは紹介しないのです。

しかし世の中にはそれとは違うアプローチの仕方をする人がいます。
僕の友人である某さんは「最初に一番理解されづらいところを伝えておいた方が、最初に可か不可かというのが全てわかる」というのです。
急進派的アプローチと言えるでしょう。
まあ一番伝わりにくいところから伝えてしまえば、残りの全部は伝わるだろうし、ストレートでいい、わかりやすい表現です。
最初に理解しがたいジャンルを紹介して、それでも受け入れてもらえるのならば、そりゃあ他のマニアックなジャンルも受け入れてもらえるでしょう。

まあ、この辺のカミングアウトの仕方というのは、オタクカルチャーに属している人であれば誰でも悩むことが多いことだと思います。
実際僕も悩みました。
「どの辺までなら通じるのか」
「通じない前提で最初から全部言ってしまおうか」という難しい悩みです。

僕は少しずつ理解を得たいタイプなのですが、「絶対わからんだろ、これ!」というような話題を放り投げて、それを拾ってもらえたときの嬉しさというのはたまらないものがあるのはわかります。
以前飲み会で「どんな音楽を聴くのか」ということを尋ねられて、当時よく聞いていたわりとマイナー目バンドを「絶対知らないだろうな、誰も」と思いつつ挙げたら、実は尋ねてきた人が知っていて「この人、すごい音楽の守備範囲広いなー」と感動したという僕のエピソードがあります。
たぶんこれ僕が最初から「相手の守備範囲に収まりそうなミュージシャン」ということでオリコンチャートに入るミュージシャンを答えていたらものすごいつまらない結果になっていたと思うのですよね。
そういう意味では「相手のストライクゾーンに収まらなそうでも、とりあえず放ってみる」というのはわりと感動をよぶ、よい選択肢かもしれません。

目下の問題は、そういった多少マニアックな話題を振る機会というのが、最近の僕には全くないと言うことでしょうか。
悲しいですね。

オカムラのバロンを7年ちょっと使った

バロンは現行品なのでこれから買う人の参考にもなるかもしれないと思い、つらつらと書いておきます。

DSC00170 DSC00175

2007年からずっと使ってきたと思うと感慨深いものがある。

当時、本体・アームレスト・ランバーサポートで86200円だった。
何度か大塚家具のオフィスチェアコーナーに行ってアーロンチェアやコンテッサと比較した上で購入した。

ヘッドレストは後になって追加で購入した。
価格は覚えていないが、トータルでちょうど10万円くらいになったと覚えている。

「完璧な座り心地とは言えないけれども、そんじょそこいらの椅子とは大違いだ!」と思って今日まで座ってきた。

しかし最近左のアームレストにひびが入った。
右側のアームレストに問題ないところをみると、いつも左寄りにもたれかかっているせいで劣化したのかもしれない。

DSC00173

座面も汚れている。
メシ食ったりするのもほとんどこの椅子だったので、汚れるのも仕方ない。
エアコンが苦手なので夏場に汗をかきまくってきたので仕方ない。
メッシュ地なので何度か中性洗剤などで洗浄を試みたのだけれども、全体的に綺麗になるがシミは残ったままである。
ワンルームに置く椅子だからあまり雰囲気が重くならない明るい色で、と思って選んだピスタチオグリーンだけれども、やはり汚れは目立ちやすい。(写真だとそんなにだけど)

DSC00172

写真ではわからないけれども座面メッシュの下にスポンジ状のサポーター的な物が入っている部分があって、そこもずいぶん汚れているのだけれども、さすがにスポンジは洗えない。
オカムラのサポートにスポンジ部分だけ交換できないかと問い合わせたら、座面全体の交換(たしか数万円かかる)になると言われてしまった。

リクライニングの設定も日によって効いたり効かなかったりすることがある。

DSC00176

保証期間は過ぎているので、どこかを直すとしたら基本的に有償修理になるだろう。

DSC00177

買ったときには「10年使えば年間1万円。腰痛になって医者にかかることを考えたら安い!」と思って買ったのだけれども、実際これだけの年が経ってくるとやはり部分部分がへたってくる。
アーロンチェアなどハーマンミラーのオフィスチェアは12年保証を謳っているけれども、実際どれくらいの範囲までが保証されているんだろうか。

へたりと言えば、座面メッシュのへたりが問題視されることが多いけれども、とりあえず今のところは多少へたっているけど座り心地はそれほど変わってないように思う。

さてここで俺はこれからの椅子をどうしようかと迷う。

正直なところ座り心地に関してはバロンで全く不満はない(そもそも他にヘッドレスト有りの選択肢が少ない)のだけれども、この先さらに5年とか使うために何万もかけてフルレストアする気にはなれない。
そして中古の美品バロンを探して使うよりは、少し他の椅子に浮気がしたい。

しかしバロンを購入してからも相変わらず最良の椅子を探し求めるために、家具屋を見つけるたびに試座を繰り返してきたけれども、相変わらずハーマンミラー・スチールケースあたりが定番で、特にアーロンチェアは不動の王者で、オカムラや国内メーカーもぼちぼちといった感じで大きなブレイクスルーを感じない。
価格が比較的押さえられたエルゴヒューマンが定番モデルとなりつつある(というか既になっている?)という変化が一番大きいのだろうか。
しかし長期的に試座を続けてるとはいえ、バロン購入前ほど積極的に調べているわけではないので、ワークチェアの流行については他のブログに譲りたい。(だいたいまだミラ2チェアも試座してない)

また椅子ではないけれども、テクノジムのバランスボールも気になる。
お値段3万円とバランスボールとしては異常に高い価格だけれども、椅子として考えればかなり安い部類に入る。
去年のWIREDの表紙で存在を知って「バランスボールブーム再び、か?」と思ったけれど、それほど話題にもならず日本での取り扱いもかなり少ないので、買うとしたら相当勇気が要る。

しかしまあ椅子について色々思うところはあるが、結局先立つものがなければレストアも買い換えもできないわけで、しばらくはこの壊れかけのバロンで過ごすしかないのだ。
そしていつかあぶく銭が入ったときのために情報収集と試座を繰り返していくしかないのだ。

僕なんかは、そう思いますね。